鼻の下のニキビの原因

鼻の下にできるニキビは、大人になってからできることが多いですよね。

これは、大人になって鼻の下や口周り、顎などの肌が乾燥しやすくなるからだといわれています。

ホルモンの影響を受けやすい場所であるため、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモン過多になってくると、肌の水分量が減少してしまい乾燥するのだそうです。

肌が乾燥すると角栓が発生しやすくなり、皮脂の分泌量も増加することから、ニキビが発生しやすくなってしまいます。

治す方法で大切なことは、肌の乾燥を改善すること、そして毛穴のつまりを予防するために、肌のターンオーバーを活発にすることなんです。

そのために、毎日のスキンケアでは乾燥させない洗顔と、浸透効果の高い化粧水で肌にしっかりとうるおいを与えることが大切なんですよね。

 

 

© 2017 ニキビ 治し方 rss