ニキビの場所と原因

ニキビのできやすい場所は、年齢によって変わり、原因も違ってくるといわれています。

思春期のころには、皮脂の過剰分泌を毛穴が処理しきれなくなり、ニキビができてしまうので、皮脂の分泌量の多い鼻やおでこなどにできることが多くなるようです。

ところが、大人になってからは、あごや頬などの比較的に皮脂の少なかった場所にできやすくなってきます。

これは、大人になって仕事のストレスや寝不足、生理や妊娠などによってホルモンバランスが乱れ、肌が乾燥してしまうことが原因だといわれています。

肌が乾燥すると、毛穴をつまらせやすくするだけでなく、皮脂の分泌量も増えてしまいニキビができてしまうのだそうです。

大人ニキビの場合には、思春期のころのように洗顔によって皮脂を洗い流す治し方では逆効果になることもあります。
乾燥させない洗顔と、浸透力の高い化粧水で、しっかりと保湿するようにしましょう。

 

 

© 2017 ニキビ 治し方 rss